ガラナで発奮、更年期を乗り切れ

ガラナはただの清涼飲料水と考えている方も多いですが、摂取することでの健康効果は高く、最近では注目されている食品の一つとなります。また、過去には頭痛の薬としても使用されていたとも言われています。カフェインも豊富に含まれており、コーヒーの3倍ほどの含有量があるのです。そのため利尿作用によってむくみを改善し、予防する効果もあります。むくみの改善以外にも、滋養強壮にも効くと言われており、疲労回復効果もあります。ガラナにはガラニンという成分が含まれ、こちらは血液の循環を促進させられるのです。心臓は体中の血液を循環させる臓器となり、ガラニンはこの心臓の動きを活発にさせるため、栄養や酸素が体中に行きわたらせることができるのです。これによって疲労の回復が早くなるとされています。他にもコリンやサポニン、テオブロミン、テオフィリン、タンニンなどの健康に良い成分が含まれています。コリンはビタミンと同じような働きがあり、神経や細胞膜を構成するレシチンの材料となります。サポニンは高麗人参や田七人参にも豊富に含まれていますが、こちらはコレステロールを除去し、動脈硬化を予防することが可能です。テオブロミンは大脳を活性化させる効果が期待できるため、記憶力や集中力をアップさせることができます。また、自律神経にも作用するためストレスを軽減させることも可能です。テオフィリンは薬としても知られており、筋肉を弛緩させる作用があるため喘息などの病気に効果があります。タンニンもコレステロールを調整し、主に生活習慣病の予防に効果があるとされています。様々なメリットがあるガラナですが、最近ではアルツハイマー病をも予防することができるのではないかという研究もあります。記憶力の低下を防いで神経細胞の働きを活発にさせることができるので、勉強に集中したい学生の方や、アルツハイマーの予防をしたい方にもおすすめとなっています。ガラナは飲み物だけでなくサプリメントも販売されているので、そちらで手軽に摂取することも可能です。

https://www.mens-supplement.org/guarana/ でさらに詳しく